Return to site

NEKO THE HISTORY(2008~2010)

芸人としてはギャグ名人として知られた存在。

「ラッセーラー、ラッセーラー」「ポーツマス、ポーツマス」という単純かつ明快なギャグで、リアクション芸人としてTVでも一躍人気者に。

お笑いライブもマニアックなファンに大人気だったが、2007年頃にTBSTVの「TBS大感謝祭」での番組内マラソンで優勝。“芸能人最速”といわれるようになり、それからはマラソン企画に積極的に参加し、走ることの楽しさに目覚めた。

2009年8月29日)トーク番組でホリエモン(実業家) が言及。

2009年8月29日に出演した放送番組で、そんな猫ひろしの足の速さに注目した堀江氏から、

たカンボジアへ帰化してオリンピックに出場する計画が言い渡された。

カンボジアとは縁があった堀江氏ならではのアイデアであった。

そのときに、「いいっすね」と返事をしたもようだ。

2010年12月)カンボジア、アンコールワットマラソンで3位。

元日本代表マラソン選手、谷川真理さん所属の中島進コーチのもと、本格的にマラソントレーニングを積む。カンボジアで開催された「アンコールワット国際ハーフマラソン」に出場し、

1時間15分59秒で3位入賞という好成績となる。

フルマラソンでは初出場となった2008年東京マラソンでの3時間48分57秒から、ロンドン五輪出場を決めた2012年2月の大分マラソン(2時間30分26秒)までの4年間で1時間18分以上のタイムを縮めた。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly